情報や噂に頼るな 足で稼げ 目で耳で体感せよ

拙筆ながら私がかつて経験した転職活動について記載させていただきます。

私が転職活動したのは約12~10年前ぐらいでした。その頃は現在のように手軽なスマートフォンも普及しておらず、私もあまりパソコンにも詳しくないメカ音痴でしたので転職活動はハローワーク通いがメインでした。私の場合、もともと塗料の調色工場に勤務しておりまして、その経験を買われて従業員僅か10人足らずのA社に割にスンナリと採用されました。

しかしながら実際勤務してみますともともと在籍していた100人規模の会社から零細企業の転職は何かにつけてギャップの違いに悩み、当初はカルチャーショックの連続でした。

例えばもともと在籍していた会社は決まりきったルーティンをこなせばよかったところが、A社はいわゆるワンマン社長の独裁企業でまさに朝令暮改を絵に描いたような会社でイレギュラーな事象を楽しめるぐらいのメンタルの持ち主しか生き残れないような組織でした。

実際そのA社の社長以下長らく勤務されていた上司の方や事務員さんは人間的にもかなり一癖も二癖もある方でした。ついに私にそのギャップを埋められず残念ながら約2年ほどでA社を去りました。

 

現在その時の失敗要因を分析しますと、私はただ単にもともといた調色工場脱出ありきで転職活動していて本当に当時はハローワークや書店での転職雑誌立ち読み、図書館に通って転職関係の参考図書の読み漁りなど手段と問わず行っておりました。

その気迫は自分でもよかったと思いましたが、参考図書の読み漁りにつれて本当は実際の職場に足を運んで面接を通じてその職場を体感しなければならない肝心の部分が欠如してしまった気がしました。参考図書の読みすぎで逆にいらない知恵やテクニックが身に付いてしまい効率よく短期に転職する方法ばかりを追求した結果がA社転職失敗の要因でした。

具体的に申しますと普通面接は会社の営業日の勤務時間中に行うのが通例ですが、参考図書等には「自分は在職していて勤務時間中が難しければ勤務時間外や休日に面接してもらうことも提示してみよ。」というような主旨のことが書いてあり実際それにしたがって実践したところ、けっこうな確率で時間外面接に対応していただける企業が見つかり当時はよく夕方から面接に行ったものでした。

しかし今思いますとやはり勤務時間中に実際働いている従業員さんの表情などをつぶさに観察すべきであったと実感しました。

A社を去り、その約3ヶ月後次はK社に会社訪問し、K社についにはA社の失敗を教訓にキッチリ職場や工場、事務所、営業所等つぶさに見学して「コレなら自分もやっていけそうだ。」という確信のもと入社を決めました。

それから現在K社で約9年立ちましたがやはり上記の確信通り今でもK社の勤務を継続しています。昨今はネット全盛時代で情報も氾濫しておりますが、皆様方も氾濫に惑わされずやはり目で耳で体感して、自分の足で情報を稼いでいただきたいと思います。

転職の面接での失敗、成功談について紹介します。

転職活動において、面接というものは、最大の難関でもあり、難しい局面ということになります。その面接について、私が転職活動で経験してきた面接を振り返って、失敗したなという体験、成功したなという体験について紹介していこうと思います。

失敗談について

転職の際の面接において、必ず聞かれることになると思うのが、前職でのキャリアや経験についてということです。

私は、前職が営業の仕事をしていましたが、転職先も、営業の仕事をする会社でした。

そこで、私は前職で、経験としては自信がありましたし、キャリアとしても、役職にもついていましたので、1番のアピールポイントであるとばかりに、前職での経験を語りました。面接官の方も、興味があるものだと私は勝手に判断してしまいまして、私はついつい熱くなってしまい、前職でのキャリアを細かく話し込んでしまいました。面接官の方に、相当な自信ですねと言われまして、ふと我に返りました。

キャリアコンサルタントにそのことを話したら、それはあまり良くないですよ、前職の経験は、もちろん絶好のアピールの場所にはなりますが、ある程度、謙虚なところを出していかなければなりませんよということを言われてしまいました。当然アピールはしっかりして、ですが、まだまだ自分には足りないところがたくさんあるというように冷静に自分を判断しなければならないと思います。その会社は不採用になりました。やはり面接での、自信過剰ぶりが仇となったのだと反省したことを覚えています。

面接での成功

面接においては、誰でもある程度緊張するのが当然だと思います。また、緊張しすぎてしまい、うまく話ができなかったりする場合もあります。特に営業の仕事は人と話す仕事でもありますので、面接官に与える影響はすごく面接の合否のウェイトを占めるものであると思っています。

そんな中で、私は、キャリアコンサルタントと面接の対策をしっかりと立てて、面接に望むようにしました。すると、本番でも、余裕が出ましたし、このことを聞いてくるだろうなとかある程度予想ができていましたので、面接で、主導権を握ることができる

ようになってきました。あとは、普段営業で話しをしているお客様だと相手を思い、面接に望んで行った結果、転職活動であるにもかかわらず、複数の会社から内定を頂くことができました。

以上が私が転職活動をしている際に、面接での、成功、失敗についてになります。

やはり、面接は、準備や対策をねることがすごく大切であると思いました。

転職先の会社選びの際には会社のカルチャーと業界の生産性を良く知ることが重要

さまざまな会社選びの軸がありますが、外せないポイントは役員が新卒出身者で固められていないことです。

そのような会社は、中途採用の人物が出世することは極めて難しいといえます。

また、会社の強みの事業と自分の職種が一致していることも重要です。

良い求人を見つけたとしても、あなたのポジションの事業が社内で優先順位が低い場合、キャリアを充実させることが難しくなります。
会社のカルチャーを知るためには、面接の場において社員との面談の場を設けてくれることを提案するのが良いです。

実際に社員と話すことで、会社のレベルを肌で感じることができますし、自身の活躍可能性を高い精度で判断できる機会にもなります。
給料は、業界によって何十倍も差がありますが、それは業界の生産性の違いによるものです。

そのため、年収を上げることを目的とした会社選びをするのであれば、儲かっている業界にポジションを置くことが最も重要になります。
生産性が高い業界で働けば、在籍するだけで勝手に年収は上がっていきますし、働いていること自体に価値が生まれレアな経験を積み重ねていけます。
中途出身者が活躍できる職場は、次の3つの点にも着目するのが良いです。

 

1つ目は、自分の能力と仕事の難易度が適正であるかということです。

能力より簡単すぎる仕事ばかりだとスキルを身に着けることができませんが、難しい仕事が多すぎるとストレスを抱えて活躍できない可能性が高まります。
ちょうど良い難易度の仕事が、最も成長を促してキャリアを充実させていくことができます。

 

2つ目は、同じ商品を何年も販売している職場を避けることです。

同じ商品が売れ続けるということは、それだけマーケットが成熟しており、業界の生産性が高まっていきません。
どれだけ働いても、給料が上がらない職場の可能性が非常に高いといえます。
また、商品を売っている年数分だけ、製品に熟知した先輩社員が社内に多くいるということでもあるので、自分の社内での存在価値を高めていくのに長期間かかることが確定します。

 

3つ目は、自分のスキルを高めて市場価値を上げていくことを意識している社員が多い会社を選ぶことです。

上司の目線を意識して仕事をしていても、市場価値を高めることはできません。
社外で通用するスキルを磨いてこなかった人材は、会社の売り上げが悪くなった時に、ひどい条件でも会社にぶら下がるしかありません。

 

まとめ

新卒至上主義の会社であるかチェックすることは大事です。
さらに、会社の強味と自分の職種が一致していることが重要です。

実際に転職サイトを利用して転職した体験談!

今の仕事に満足しておらず、転職をお考えの方もいるかと思います。
また、何らかの理由で「転職したい!」と強くお考えの方なんかもいますよね。
ですが、転職する際に転職先の会社選びを失敗したがために、また転職先を選ばなければいけないとなると本当に大変ですよね…。

そこで、実際に転職サイトを利用して転職した体験談をここで少しですがご紹介いたします。
何かの参考になればうれしいです。

 

【転職サイトを使ったいきさつ!】

転職する際に、サイトを利用したりエージェントを利用したりマッチングサイトを利用したりといろいろな転職の仕方があります。
私の場合は、転職サイトを実際には利用しました。

転職サイトでは、自分の希望する条件をクリックして転職先を絞り込むことができます。

クリックするだけで、一発で自分の条件に合う転職先がズラ~っと閲覧することができます。

自分にとってみれば、条件に合う仕事をいろいろと閲覧することができるのが良いな~と思った点でした。

【転職先の会社選び出注意した方が良いと思った点!】

いろいろな転職先を見た上で、実際に会社に応募して転職することができました。

ですが、実際に働いてみていろいろと見えてきた部分があったので少しここでお伝えしますね。

その見えてきた部分というのも、交通費に関してです。

交通費って、意外とバカにできないな~と実際に思いました。
というのも、その転職先は車で1時間くらいかかるところにありました。

通勤となると毎日のことなので、ガソリン代もバカになりません。
実際に支給される交通費の上限が決まっていたため、支給される交通費では足りず自分のお給料から交通費を出さざるを得ませんでした…。

もしそのお金を交通費ではなく、生活費に使用することができれば生活がどれだけ潤うことか…。

交通費は毎月のことなので、チリも積もれば山となります。

実際に支給される交通費はいくらで、かかる交通費はいくらになるのかしっかり把握した上で転職先の会社選びを行った方が良いと思います。

【まとめ】

次の転職先を見るけるのって、なかなか大変なことですよね…。

自分の条件に合うところを見るけるとなると、さらに大変です。

ですが、譲れる部分と譲れない部分をしっかりと線を引き、譲れない部分部分の条件にしっかり合う転職先に出会うことが転職を成功させるカギではないかと思います。
また、仕事は毎日のことになり、仕事をする=お金を稼ぎに行く!ということになるので、金銭面でも負担の少ない転職先が一番良いと実際に体験して思いました。