転職先の会社選びの際には会社のカルチャーと業界の生産性を良く知ることが重要

さまざまな会社選びの軸がありますが、外せないポイントは役員が新卒出身者で固められていないことです。

そのような会社は、中途採用の人物が出世することは極めて難しいといえます。

また、会社の強みの事業と自分の職種が一致していることも重要です。

良い求人を見つけたとしても、あなたのポジションの事業が社内で優先順位が低い場合、キャリアを充実させることが難しくなります。
会社のカルチャーを知るためには、面接の場において社員との面談の場を設けてくれることを提案するのが良いです。

実際に社員と話すことで、会社のレベルを肌で感じることができますし、自身の活躍可能性を高い精度で判断できる機会にもなります。
給料は、業界によって何十倍も差がありますが、それは業界の生産性の違いによるものです。

そのため、年収を上げることを目的とした会社選びをするのであれば、儲かっている業界にポジションを置くことが最も重要になります。
生産性が高い業界で働けば、在籍するだけで勝手に年収は上がっていきますし、働いていること自体に価値が生まれレアな経験を積み重ねていけます。
中途出身者が活躍できる職場は、次の3つの点にも着目するのが良いです。

 

1つ目は、自分の能力と仕事の難易度が適正であるかということです。

能力より簡単すぎる仕事ばかりだとスキルを身に着けることができませんが、難しい仕事が多すぎるとストレスを抱えて活躍できない可能性が高まります。
ちょうど良い難易度の仕事が、最も成長を促してキャリアを充実させていくことができます。

 

2つ目は、同じ商品を何年も販売している職場を避けることです。

同じ商品が売れ続けるということは、それだけマーケットが成熟しており、業界の生産性が高まっていきません。
どれだけ働いても、給料が上がらない職場の可能性が非常に高いといえます。
また、商品を売っている年数分だけ、製品に熟知した先輩社員が社内に多くいるということでもあるので、自分の社内での存在価値を高めていくのに長期間かかることが確定します。

 

3つ目は、自分のスキルを高めて市場価値を上げていくことを意識している社員が多い会社を選ぶことです。

上司の目線を意識して仕事をしていても、市場価値を高めることはできません。
社外で通用するスキルを磨いてこなかった人材は、会社の売り上げが悪くなった時に、ひどい条件でも会社にぶら下がるしかありません。

 

まとめ

新卒至上主義の会社であるかチェックすることは大事です。
さらに、会社の強味と自分の職種が一致していることが重要です。

実際に転職サイトを利用して転職した体験談!

今の仕事に満足しておらず、転職をお考えの方もいるかと思います。
また、何らかの理由で「転職したい!」と強くお考えの方なんかもいますよね。
ですが、転職する際に転職先の会社選びを失敗したがために、また転職先を選ばなければいけないとなると本当に大変ですよね…。

そこで、実際に転職サイトを利用して転職した体験談をここで少しですがご紹介いたします。
何かの参考になればうれしいです。

 

【転職サイトを使ったいきさつ!】

転職する際に、サイトを利用したりエージェントを利用したりマッチングサイトを利用したりといろいろな転職の仕方があります。
私の場合は、転職サイトを実際には利用しました。

転職サイトでは、自分の希望する条件をクリックして転職先を絞り込むことができます。

クリックするだけで、一発で自分の条件に合う転職先がズラ~っと閲覧することができます。

自分にとってみれば、条件に合う仕事をいろいろと閲覧することができるのが良いな~と思った点でした。

【転職先の会社選び出注意した方が良いと思った点!】

いろいろな転職先を見た上で、実際に会社に応募して転職することができました。

ですが、実際に働いてみていろいろと見えてきた部分があったので少しここでお伝えしますね。

その見えてきた部分というのも、交通費に関してです。

交通費って、意外とバカにできないな~と実際に思いました。
というのも、その転職先は車で1時間くらいかかるところにありました。

通勤となると毎日のことなので、ガソリン代もバカになりません。
実際に支給される交通費の上限が決まっていたため、支給される交通費では足りず自分のお給料から交通費を出さざるを得ませんでした…。

もしそのお金を交通費ではなく、生活費に使用することができれば生活がどれだけ潤うことか…。

交通費は毎月のことなので、チリも積もれば山となります。

実際に支給される交通費はいくらで、かかる交通費はいくらになるのかしっかり把握した上で転職先の会社選びを行った方が良いと思います。

【まとめ】

次の転職先を見るけるのって、なかなか大変なことですよね…。

自分の条件に合うところを見るけるとなると、さらに大変です。

ですが、譲れる部分と譲れない部分をしっかりと線を引き、譲れない部分部分の条件にしっかり合う転職先に出会うことが転職を成功させるカギではないかと思います。
また、仕事は毎日のことになり、仕事をする=お金を稼ぎに行く!ということになるので、金銭面でも負担の少ない転職先が一番良いと実際に体験して思いました。