就職で有利になるような履歴書・職務経歴書の書き方

就職活動を行っている時に、「これだ」という求人を見つけて応募しても書類選考で落とされ、お祈りが届くことは多々あります。

就職希望者が有利な状態の今でも、面接すら叶わずに不合格。これでは悲しすぎ、ます。

中には、経験職でだいぶ自信があったにもかかわらず、不合格というケース少なくありません。

もしかすると、その原因は履歴書や職務経歴書の書き方にあるのかもしれません。

いざ、求人を行おうとすると、採用担当者は、何枚もの履歴書や職務経歴書を見ることになります。全員と面接するわけにも行きませんので、求人担当者が「これはちょっとよさそう」というレベルの人を書類選考合格とします。

しかし、実際に履歴書や職務経歴書は一般的な書式が大体決まっており、ほぼ同じようなことが書いてあります。

ということは、他人とは違う、アレンジの加わった履歴書や職務経歴書は、他人のものよりも目立つことになります。

履歴書のフォーマットは、大きく変えてしまうと、逆に「なんだコイツは?」と悪印象を与えかねませんので、特に職務経歴書に力を入れましょう。

職務経歴書は、パソコンなどで作成する方が大半ですので、アレンジもしやすいです。

そのアレンジの方法ですが、多くの職務経歴書を見ると、上から順に自分の経験してきた職種などを書き並べていっています。

これでは、履歴書とほとんど大差ありません。

これを少し工夫するだけで、見違えるように他人とは違う感じの職務経歴書が出来上がります。

 

その方法は、自分の経験と希望する仕事に応じて書き方を変更するという方法です。

例えば、以前も他社で経験してきた仕事に応募している場合には、その経験を一番頭に持ってきてしまうのです。

今回、この会社を選んだのは経験者だからというのを強くアピールするのです。

文章などの書き方も、多少偉そうな(上から目線というわけではなく、これだけ経験してきたんだ、すごいだろうという)感じを出していきます。多少自慢でもよいでしょう。自分が納めた結果を小さなことでも記載しましょう。もしかすると、

その会社では、その事業をやっていなくて食いついてくる可能性があります。

日本人は、アピール下手といわれていますので、少々大げさに書くくらいがちょうどよいかもしれません。でも、ウソは書かないでください。実際に面接でその部分を突かれたときに答えられなくては、どうにもなりませんので。

このように、内容は同じでも、文面や体裁を替えるだけでアピール度が断然に変わりますので、お悩みの方はぜひ試してみてください。